ゆる系なフォトログ

bono

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
小樽
後志
石狩
空知
胆振
日高
渡島
桧山
上川
留萌
宗谷
オホーツク
十勝
釧路
根室
青森
岩手
宮城
秋田
北海道の山歩き
冬・山遊び
フィルム一本勝負
2011-12北東北の旅
2012冬・道東撮影行
2012北東北の春
2012の山歩き
2012-13東北巡り
画像移転
未分類

最新の記事

幻の記録
at 2013-02-11 06:00
冬の蘭島海岸
at 2013-02-10 06:00
雨の平沢漁港
at 2013-02-09 06:00
雨の仁賀保駅前
at 2013-02-08 06:00
恵山漁港・早朝
at 2013-02-07 06:00
山背泊漁港・夜明け前
at 2013-02-06 06:00
雨の由利本荘 - 4 -
at 2013-02-05 06:00
雨の由利本荘 - 3 -
at 2013-02-04 06:00
好天の室蘭
at 2013-02-03 06:00
雨の由利本荘 - 2 -
at 2013-02-02 06:00

以前の記事

2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
more...

お気に入りブログ

photo:mode
Ever Green
みちのくの大自然
With Art
さっぽろ発 Photo便り
BEAR'SHOUSE 
HEROM'S冩眞舘
薄明の時代の詩人
ainosatoブログ02
感動写真 なまらいいっしょ!
:Daily CommA:
ROUTE13 PHOT...
バイク海苔の「かもい岳通...
ひつじ雲日記
雪がらみ
小樽スケッチ
フィルム一本勝負
poison
ふつうのコト
錆分補給
これでeのだ!
風の記憶
blog polar
do:photo BLOG

タグ

(734)
(443)
(279)
(177)
(129)
(77)
(73)
(72)
(70)
(69)
(67)
(64)
(61)
(58)
(57)
(53)
(51)
(51)
(46)
(44)
(41)
(40)
(36)
(35)
(34)
(33)
(29)
(27)
(26)
(26)

記事ランキング

ブログパーツ

  • 画像右クリック不可

その他のジャンル

画像一覧

<   2006年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三国峠の深夜と早朝

今回のニペソツ山登山は、前夜発での強行軍。
20時に出発して、仮眠場所に選んだ国道273号線の三国峠パーキングには0時半に到着です。
道路が空いていたとはいえ、262kmの距離はやはり長く感じます。
北海道を走る国道の中では、最も高い位置にある三国峠は、標高1139m。
そこでは、満点の星空と、一匹のキタキツネが迎えてくれました。
c0073613_047126.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/6" f4.0 iso3200 105mm)dpp

1時には車中で眠りに就きましたが、夜明けを狙って3時にセットした目覚ましでは当然起きられません。
目が開いて一瞬外の様子を見ても、すぐに深い眠りへと引き戻されてしまいます...
そんなで、3度目のアラームで気力を振り絞り寝袋から這い出したのは、5時になってしまいました。
すでに明るくなった青空の下には、十勝三股を覆う雲海とそこから突き出た東大雪の山々。
樹林帯と雲海の向こうには、目指すニペソツ山も望まれて登行意欲も急上昇です。
c0073613_1183145.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/100" f11 iso100 70mm)dpp

ニペソツ山の登山口へは、雲海に向って下っていきます。
樹海の中を縫う道路が、雲の中へと潜っていく様子は少し不思議な感じでした。
そんな光景を撮り収めようとしては車を停めて撮影し、なかなか前に進まないのでした。
c0073613_1283765.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/100" f11 iso100 24mm)dpp
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-28 17:57 | 十勝

ニペソツ山の初夏を訪ねて

6月26日、大雪山国立公園の東側にある、ニペソツ山へ行ってきました。
私の中では、特に思い出深いといいますか…好きな山です。

登山を始めた頃の20代前半に初めて訪れ、
その山容に見惚れてしまい、写真を撮影するきっかけを与えてくれた山なのです。
当時、AE-1で撮影した写真が、まだ実家に飾ってあったりして、
十数年のときを経ても、カメラを持って同じ所へ足が向く自分がおかしいな~と思えます。
春夏秋冬、何回訪れたか分らないほど登った山ですが、この姿は見飽きることがありません。

ナキウサギや鳥たちの声を聞きながらの稜線歩きは、とても楽しいひと時です。
たくさんの花たちも咲きはじめ、大雪山にも夏が訪れつつあることを実感させてくれました。

c0073613_1549619.jpg
登り始めて2時間と少し、前天狗岳まで頑張って初めてニペソツ山が望まれます。
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/125" f11 iso100 24mm PL)dpp(ニュートラルに変更)

c0073613_15565229.jpg
最後の登りの前に見上げる山頂。ここから標高差で300m弱の一気登りです。
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/320" f8.0 iso100 24mm)dpp(風景に変更)
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-27 16:52 | 北海道の山歩き

利尻をバックにセグロちゃんです

更新も出来ずにいましたが、さすがに空き過ぎは避けたいです(笑)
それで、月初めの写真を今頃…(^^ゞ

海を見てなにを思う?…の、セグロカモメ
c0073613_0331440.jpg
eos5d ef70-200mm f/2.8l is usm (1/1600" f5.6 iso100 165mm)dpp

帰りのフェリーでは、平行して羽ばたいてくれました。
もう少し楽しみたかった礼文島。セグロちゃんに後ろ髪引かれます。
c0073613_0411989.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/500" f7.1 iso100 32mm)dpp

今週はコレに...
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-24 01:03 | 宗谷

夜明け前

もうすぐ夏至です。
夜明けを狙うのにも、真夜中に動きださねばなりません。
3時08分。
空が少し明るくなりだした、小樽の港です。
c0073613_1247149.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (10" f8.0 iso100 24mm)dpp

c0073613_12481115.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (5" f9.0 iso100 105mm)dpp
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-15 12:52 | 小樽

定山渓天狗岳 花・見ごろ

今日は定山渓天狗岳を登ってきました。
山頂付近の花々が、多分見ごろだろうと思ったからです。
登山開始がお昼に近かったので、ノンストップで山頂を目指しました。
そして到着した山頂は、予想通りの花見ごろでした。

切れ立った岩稜に咲く花々。崖地では遠めに見るしかありません。
c0073613_2349262.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/160" f8.0 iso200 24mm)dpp

c0073613_23495681.jpg
eos5d tamron sp af90mm f/2.8 di (1/400" f2.8 iso200 90mm)dpp

c0073613_23503775.jpg
eos5d tamron sp af90mm f/2.8 di (1/320" f5.6 iso200 90mm)dpp
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-13 23:54 | 北海道の山歩き

美瑛にて、哲学の木・タンポポ・夕日そしてシカ

富良野岳登山の前日、宿に着いてから少しの時間があったので美瑛まで行ってみました。
十勝連峰の美しい姿は雲に包まれていたので、夕日と哲学の木を撮影しました。 24-105
c0073613_1274064.jpg
そして次は、夕日と足元のタンポポ(の綿毛)。 70-200
c0073613_129918.jpg

撮影を楽しんだあとの帰り道、十勝岳の麓を走行中にチラリと見えた白いお尻。
車を停めてお尻の消えた方を探してみると...いたいた。少し遠くて暗いけど、なんとかGET(笑) 24-105
c0073613_1334311.jpg

[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-10 01:45 | 上川

礼文行 ~ 香深井の朝

礼文島トレッキング2日目の朝、キャンプ場から見た香深井の町。
朝方の冷え込みで、寝袋から抜け出すのにかなりの努力を要しました。
利尻山が隠れていたらテントへ引き返すつもりでしたが、この景色に誘われ浜まで行く事にしました。
c0073613_2147986.jpg
24-105

冷たい風が抜ける浜に立つと、海は凪ぎ、磯舟が漁に忙しい。
網に付いた海草を取っていた漁師さんに聞くと、漁には5時前から出るそうです。
私には寒いと感じるこの天気も、漁師さんにとっては穏やかな絶好の漁日和なのでしょう。
この漁師さん、海草には手を焼くとぼやきながら、獲ったばかりのカレイを見せてくれました。
海中に浮く金属製の籠には、いい型のカレイが重なっていて生きたまま出荷するそうです。
c0073613_2140995.jpg
70-200

時計も7時に近付くと、日差しが温かみを増してきました。
磯舟もポツリ、ポツリと戻ってきます。早朝からの漁ですから、もう食事の時間ですね。
穏やかに過ぎる朝の漁場のひと時を、利尻の頂きは優しく見守っているように感じました。
c0073613_21401951.jpg
70-200

さて、朝食でも作ろうか..
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-09 23:44 | 宗谷

花の稜線は開店前

高山植物が咲き誇る花の山・富良野岳。
花の季節はまだまだ先ですが、大雪山系の様子見と足慣らしを兼ねて行って来ました。
半分近くは雪渓を歩く状態で、山はまだ冬を過ぎたばかり..といったところです。
ガスが出たり晴れたり忙しい天気でしたが、上ホロまでの稜線歩きを含め楽しんできました。
c0073613_23575240.jpg
富良野岳山頂から見る十勝岳。
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-07 23:58 | 北海道の山歩き

サロベツ原野夕景

c0073613_11275340.jpg
礼文島の北端に日が落ちる。
北側を夕日に染める利尻山が神々しく見えました。
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-05 11:28 | 宗谷

北へ行ってきました

突発的に礼文島へ行ってました。
帰りが先程の深夜に及び、今日の仕事は辛いな~と泣きが入ってます。
雨模様だった天気も島へ渡ってからは回復し、朝夕の冷え込みはありましたが、
晴れ渡った空の下、最北の春を満喫してきました。
c0073613_32869.jpg
eos5d ef24-105mm f/4l is usm (1/250" f7.1 iso100 105mm)dpp

c0073613_3281387.jpg
eos5d tamron sp af90mm f/2.8 di (1/160" f7.1 iso200 90mm)dpp
[PR]
by pachipachiapple | 2006-06-04 03:29 | 宗谷